男性型脱毛症に効く食べ物や薬

男性型脱毛症を食い止める食生活

男性型脱毛症は頭頂部や前頭部の前髪の抜け毛が増え、少しずつ薄くなっていく症状で、自然には治らないことから、放置すると局部が禿げてしまいます。
男性型脱毛症を治療するには専門のクリニックや、診療科目を設置している一般病院に通い、専用の治療薬を使用した療法となりますが、これらは症状を食い止めるだけで完治することはできません。
現在の医学では男性型脱毛症の完治は不可能となっており、治療がいつまでも必要となるので、できることなら治療薬を使わずに生活習慣だけで抑えておきたいものです。
男性型脱毛症の進行を食い止める栄養素もあるので、それを含んだ食事で薄毛を改善していきましょう。
髪の毛を作るために必要な栄養素はタンパク質、亜鉛、ビタミン群で、特に亜鉛はタンパク質を合成するために重要な要素となっているので、重点的に摂取するようにしましょう。
タンパク質は卵、牛乳、豚肉、マグロ、サーモン、サバなどが多く含まれており、良質なタンパク質は動物性のものから多く摂れると言われています。
亜鉛が多く含まれる食材はごま、牡蠣、わかめ、昆布、いわしなどで、ビタミン群はA、B、Cを主に摂取するのが良いとされます。
また、大豆の食品はイソフラボンを多く含んでいますが、この栄養素は女性ホルモンに良く似た働きがあり、さらに男性型脱毛症の原因とされる物質DHTの生成を抑制する効果があるので、特に積極的に摂取すると良いとされます。
イソフラボンが多く含まれる食品は、豆腐、納豆、豆乳などの大豆飲料、油揚げ、味噌などで、飲物ならば気軽に摂取できるので豆乳を習慣的に飲むようにするといいでしょう。
ただし、例え薄毛に良い食べ物だからといって偏った食生活をすると、体調が悪くなるなどの問題もあるので、なるべくバランスの良い食生活を送るようにしましょう。

男性型脱毛症のスイッチが入るってどういうこと?

男性型脱毛症のスイッチが入るという表現を見かけることがありますが、これはもちろん物理的な意味ではなく、一般的には薄毛の進行が始まったタイミングを指しています。
これまで何ともなかった頭髪が、ある朝に鏡を見てみると、突然薄くなっていることがあります。
男性型脱毛症の進行は個人差によって早かったり遅かったりと様々ですが、何の対策もしないと確実に進行していきます。
スイッチが入るタイミングに付いても人によりますが、最も多いのは20代後半から30代あたりと言われ、早い人では10代からスイッチが入り薄毛が進行して行くこともあるようです。
そもそも、男性型脱毛症とは頭頂部や前頭部の生え際だけヘアサイクルが乱れることで、毛髪が抜けたり成長が止まったりします。
原因となるのはDHTと呼ばれる物質で、男性ホルモンのテストステロンと5α還元酵素が結びつくことでDHTが生成されます。
この物質が毛母細胞のレセプターに結合すると、毛髪の成長に関わるヘアサイクルを狂わせてしまいます。
つまり、DHTによってヘアサイクルが狂った瞬間が、男性型脱毛症のスイッチが入った瞬間となります。
現在の医療技術では男性型脱毛症の完治は不可能とされているので、スイッチが入るとオフにすることはできません。
あとは毛が抜け落ちるまで症状は進み続けるので、薄毛対策を行って進行を食い止めるしか方法はないようです。
とはいえ、しっかりと対策をすれば失った髪の毛も元の通りフサフサにすることができ、進行速度もある程度は抑えることが可能とされています。
しかし、かなりの時間を費やして改善を行う必要があるので、薄毛が気になったらすぐに改善を始めるようにしましょう。

男性型脱毛症にはアロエが効く?

男性型脱毛症とは、男性に起こりやすい進行性の脱毛症のことをいいます。思春期以降に発症し、放っておくと額の生え際や頭頂部あるいは両方から薄くなっていってしまいます。
確実に改善するためには、男性型脱毛症などの薄毛を専門としたクリニックに行き、原因である男性ホルモンの働きを抑制したり、血行を良くして発毛を促す薬などを処方してもらう、または発毛に効果的な育毛剤や成長因子を注射で注入するなどの治療法を行なうことが有効です。
お金もないし自分でどうにか男性型脱毛症をケアしたいと言う場合におすすめなのがアロエです。
アロエは昔から薬草としてあかぎれや便秘改善などに利用されてきましたが、育毛にも効果があるとされています。
アロエを使った育毛剤の作り方としては、アロエ500gを綺麗に洗って小さく切り、殺菌した容器に切ったアロエとホワイトリカーを入れて一ヶ月ほど冷暗所か冷蔵庫で寝かせて出来上がります。
アロエに含まれる「アロイン」と「タンニン」が薄毛に効果的な成分で、アロインは男性ホルモンを抑制して、タンニンが細胞内部に浸透することで細胞を活性化し再生する働きをすることで薄毛に効果があるとされています。
アルコールが肌に合わないと言う場合には、アロエをミキサーなどで細かく砕き、その後鍋に移して30分ほど煮込んで十分に煮込んだら濾過し、最後に粗熱をとったら冷蔵庫で保管するのも良いとされています。
どちらも保存料や防腐剤は入っていないため、2週間程度で使い切ることが大切です。
また、効果を出すためにはシャンプーの仕方や食生活、生活習慣を改善していき頭皮環境をよくすることによってより高い効果を出すことができるようになります。

歳を取ると共に薄くなっていく頭皮…そんな男性型脱毛症を防ぐために食生活から見直してみましょう。まだハゲていない人にこそ見て頂きたい!既にハゲてしまった人には薬をご紹介します。