男性型脱毛症に効く食べ物や薬

2016.5.28

おかっぱと男性型脱毛症の関係と大正製薬製品の有効性

男性型脱毛症になっている人に対してハゲと表現する人がいますが、漢字で書くと禿であり、昔は「かむろ」という呼び方で女の子の髪型をさしました。今でいうおかっぱの髪型で、毛が無い状態とは違うため、だんだんと違う意味の使われ方を時代とともにしてきたことになります。毛のない人におかっぱを示す禿を使わずに、薄毛や脱毛症と表現する方が実質的には合っています。

おかっぱの禿を違う意味でとらえられるほど、頭の薄さを気にする日本人は多く、男性型脱毛症に有効性がある発毛剤もたくさん作られてきました。大正製薬でも発毛や育毛を助け、抜け毛の進行を予防する製品が開発されていて、ミノキシジルを主成分にした外用発毛剤が販売されています。

男性型脱毛症の人が大正製薬から出ている発毛剤を使うことで期待できる効果は、ピリドキシン塩酸塩が毛穴の皮脂詰まりをなくして、トコフェロール酢酸エステルが炎症を抑えてくれます。また、頭皮からニオイが出ることを防ぐ働きがあって、ニオイのもととなる脂質が活性酸素で酸化することを抑えます。他にもかゆみを抑えて清涼感を感じさせる成分などが入っていて、頭皮の使い心地も考慮されています。

大正製薬の製品を正しく使用しないと、優れた成分が上手く浸透しなくなるので、よく使い方を確かめるべきです。一回分の使用量が分かりやすい計量できる容器になっているので、初めての人でも簡単に必要な分が分かって便利です。

ミノキシジルで毛が、強く太くなるには時間がかかってしまう人もいます。薬剤師などと相談しながら使うようにするとより良いですが、長期間使用しても実感が持てない時には、専門医で頭皮の状態を診察してもらって、有効性を確認し使用するようにした方が良いです。

歳を取ると共に薄くなっていく頭皮…そんな男性型脱毛症を防ぐために食生活から見直してみましょう。まだハゲていない人にこそ見て頂きたい!既にハゲてしまった人には薬をご紹介します。